藍色の空の下で

詩・散文

すきま風

通り抜けていくすきま風見つめても見つめても見えてはこないあなたの心溶けきりそうな氷がカランと音をたてる西日が射して君の表情の陰影深く雑音の交じったレコードの音が何も生み出さないこの場所を繰り返し生み出している